トロフィー依存症患者のブログ

ゲーム大好き!PlayStation大好き!トロフィー大好き!な人のためのブログ!



MENU

トロフィー依存性患者のブログ

Sponsored Link

【DBD】Dead by Daylightが遂にクロスプレイ実装!マッチング問題は解消されるのか!?


読者登録して頂けると泣いて喜びます(´ω`)

皆様ご機嫌様でございます♪トロキチJAWSぴこたつです(´ω`)
最近服屋でJAWSのロゴとサメのプリントが入ったTシャツを購入してご機嫌なぴこたつです♪
でも1番欲しいのはチャイルド・プレイのロゴとチャッキーがプリントされたTシャツなんだよなぁー!



さてさて本日は大人気ホラーサバイバルゲーム【デッドバイデイライト】の最新情報をご紹介したいと思います!
f:id:tatsutatsu2150:20200814015911j:plain

デッドバイデイライトのトロフィーコンプリートについての記事はコチラ

Dead by Daylightが遂にクロスプレイに対応!

本日8月14日の0:10にDead by Daylight公式Twitterから突如ツイートされた内容がコチラ

前々からアナウンスされていたクロスプレイが突如実装された形になります。
前回の公式アナウンスでは冬までにはと言う話だったので予想以上に早い実装ですね!


クロスプレイって何?

基本的にオンライン対応のゲームはそれぞれ購入した機種同士でしかマッチングしない場合が多いです。
例えば…
PS4でプレイする場合は同じPS4プレイヤーと。
PC版でプレイする場合は同じPC版でプレイする人と…
と、この様な感じで同じプラットフォームの機種同士でしかオンラインマッチングしないシステムなんですが。
クロスプレイはその垣根を越えて、
PS4版プレイヤーとPC版プレイヤーとXboxONEのプレイヤーが同じフィールドでプレイする事が出来る様になる画期的なシステムです。

最近は技術の進化も進み家庭用ゲーム機の性能も平均的なPCと遜色無くなってきているのでクロスプレイ対応のゲームも増えて来ていますがDead by Daylightにはこれまで実装されていませんでした。

Sponsored Link



Dead by Daylight クロスプレイ対応プラットフォーム

Dead by Daylightが現在プレイ出来る機種は

  • PC
  • PS4
  • XboxONE
  • 任天堂Switch

の4種類になります!その4機種全てでマッチングが行われる様になります。
更にクロスフレンド機能も実装されたのでプラットフォームの垣根を越えてフレンドになる事も出来るようになりました!
自分とは別のプラットフォームで参加しているプレイヤーはアカウント名の横に地球マークの記号が付くのですぐに判ります。
f:id:tatsutatsu2150:20200814024417j:plain

以下公式HPより抜粋

クロスプレイ&クロスフレンド機能登場


Dead by Daylight開発チームより、ついにDead by Daylightにクロスプレイとクロスフレンド機能が登場したことをお知らせします。これらの画期的な機能により、プレイしているプラットフォームを問わずすべてのプレイヤーと一緒にエンティティの世界に踏み込むことができるようになります。

クロスプレイ機能はSteam、Microsoftストア、PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox Oneでリリースされました。これらのPC版・家庭版どのプラットフォームでプレイしているかを問わず一緒に儀式に参加するようになります。新しく刺激的なプレイ体験が霧の中で待っていることでしょう。

また、以前のニュースでお知らせしたように、別のプラットフォームにいるフレンドとプレイする機能は皆さんから広くリクエストされていたものでした。クロスフレンド機能によりプラットフォームをまたいだフレンドリストを作成することができるようになり、皆さんが大好きなホラーゲームをフレンドと複数人で楽しむことができるようになりました。

引用ニュース | クロスプレイ&クロスフレンド機能登場

クロスプレイによるメリットとデメリット

クロスプレイ実装によって起こりうるメリットとデメリットは様々な物があります。

まず1番のメリットはマッチング問題の改善でしょう。
DBDはサバイバー4人とキラー1人の計5人が集まる事でプレイが開始出来ますが、PS4版では現状サバイバー過多でキラー人口が少ないのでサバイバーでプレイしようと思ってもマッチングまでに長くて15~20分近く待機させられる事もあります。
f:id:tatsutatsu2150:20200814031905p:plain

サバイバーに対してキラーが少ないのでキラーは比較的すぐにマッチしますがサバイバーはキラーの所に来るまでひたすら行列に並ぶイメージですね(笑)
この問題は公式も色々対応をしてきていますが現時点では改善されていません。Switch版やXbox版のデータは分かりませんがキラーのプレイ人口は足りて無いんじゃないかなと思います。
全てのプラットフォームのマッチングが同じになる事でマッチング問題が多少改善されればクロスプレイの実装は大成功だと思います。



その他にフレンドの幅が広がるというメリットもあります。クロスフレンド機能の実装により他のプラットフォームの方と知り合える機会が増えます。
各種プラットフォーム毎に戦略や独自ルールなど様々なプレイスタイルがあると思うので他のプラットフォームのプレイヤーとマッチングした際はいつもと違ったプレイスタイルを色々見かける事が出来ると思うし新鮮な気持ちでゲームを楽しめるんじゃないでしょうか?


逆にデメリットもあります。
機種性能差によるゲーム環境による不利有利が出てくると思います。
特にSwitchなんかは性能が低めで画面のカクツキなどがあるらしいのでPC版とマッチングしてもまとまな勝負になるのか?等の不安要素はあります。
サバイバー側はTPS視点なのでそこまで影響は無いかも知れませんがキラーでプレイした場合FPS視点になるため性能差の違いは大きそうではあります。

他にもプラットフォーム毎にプレイヤーの民度も違うと思うのでクロスプレイ実装された事で悪質なプレイヤーが増えたなと感じる方も居るかも知れないです。

ただ、クロスプレイ機能は嫌だなと思う場合はオプションから任意でクロスプレイ機能を無効に出来るのでキラーでプレイする場合は無効にするなりの対策は出来ます。


クロスプレイ実装後のDead by Daylight実際にプレイしてみた!

クロスプレイ実装という事で早速3回程サバイバーでプレイしてみました!


果たしてマッチング問題は改善されていたのか!?結果発表ぅぅ!!


マッチング時間はあまり変わらない…と言う結果になりました(笑)
まぁ実装された直後でしたし、3戦だけなのでまだまだ未知数というところですが劇的にマッチングが早くなったとは思いませんでした。

  • 1戦目:約7分
  • 2戦目:約5分
  • 3戦目:約7分

と言ったところでしょうか。2戦目は若干早かったんですが自分以外の全てのプレイヤーが他のプラットフォームのプレイヤーでした。
キラー、めちゃめちゃ強かったです!PC版だったのかな?キラーはハントレスでしたが驚異的な命中率の斧投げでした!(笑)


結局他のプラットフォームでもサバイバー過多だからそこまで劇的にマッチングが早くなる訳でも無いのかも知れないです…
明日以降クロスプレイの実装情報が広まって離れていたプレイヤーが戻ればまた結果は変わって来るかも知れません。

まとめ

他にもPC版のDead by Daylightにはチャット機能が実装されていたりするのですが今回のクロスプレイでチャット機能が家庭用ゲーム機版で実装される事は無いみたいです。
チャット機能が実装されれば色々盛り上がりそうなんですけどね!良い意味でも悪い意味でも(笑)
今後も様々なアップデートを予定しているサバイバルホラーゲームDead by Daylight
これからも盛り上がっていくと思います!この機会に更にプレイヤーが増えると良いですね。
是非皆さん霧の中でお会いしましょう♪

Sponsored Link


Twitterも気軽にフォローしてね♪

©2020トロフィー依存性患者のブログ All Rights Reserved